プロフィール

にっちー@85

Author:にっちー@85
岐阜県の遊戯王プレイヤーですヽ(・∀・ )ノ

CSでのHNは「ニッチー」or「にっちー」
買取王国多治見店の非公認大会のHNは「85」


【遊戯王史】

~2009年~
6月:ガチ勢としてスタート

~2011年~

3月:第三回BURST杯ベスト6
4月~6月:選考会1次予選15勝0敗で国内115位
7月:清水杯チーム戦準優勝
10月:長野CSベスト16


~2012年~

1月:第二回名古屋CS3位
4月:第四回愛知CS3位

大体こんな感じです。


よろしくねっ!( `・ω・´)ノ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やられた!!(&重要なお知らせ)

images.jpg



はい。そうです。



企んでいたのは、世間で今言われている【チェーンビート】と言う物です。



しかも積み上げる幸福や連鎖爆撃と言った"チェーンバーンの要素"を兼ね備えたギミックが、カード王CSの準優勝デッキと完全に被りました(´・ω・`)



あー、モチベがダダ下がりになってしまった。



そーだよねー。俺が思いつくくらいのレベルだもん。全国の誰かがやるだろうさ。



あとお知らせです。



突然ですが、しばらくブログ更新を停止します。



再開の時期は未定です。



それではまたいつの日か(`・ω・)ノシ



にっちーでした。
スポンサーサイト

ひらめいた!

なんか久々にいい感じのが思いついた。



まだ強いかどうかの確信は無いけど大会で使おうかなと思うし、あわよくばCSも狙う。



結果残してから記事にしようかなと思うのですが、もし「気になる!」と声を頂ければ喜んで書こうと思います。



さすがにMya-Monレベルの発案力ではないし、特殊ギミックのコンボって訳でもない。



とりあえず、オレイカルコスは強い(ステマ)

【天狗マジョバ】

が、作れたらよかったなー。




《輪廻天狗》
効果モンスター(準制限カード)
星4/風属性/獣戦士族/攻1700/守 600
このカードがフィールド上から離れた時、
デッキから「輪廻天狗」1体を特殊召喚する。



Q:デッキへ戻された際には効果を発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(12/10/13)




死産どころじゃなかったよ(´・ω・`)



ただ、ゼンマイラビットは使えるので、【兎マジョバ】になりそうかな。



ピン挿しで《オレイカルコスの結界》を入れると凄く強い気がしてきた。

1900のマジョも良いし、2450のサンダーバードってどうよ。



ゼンマイは確かに強いけど、トップを確立出来るようなレベルではないと思うにっちーでした。

みんなごめん!

《ゼンマイハンター》の効果では、暗黒界の効果が発動しない事をすっかり忘れていたよ!



この事はゼンマイハンデス当初にも自分で書いてたはずだけど、何か忘れてた。てへぺろ



ちなみに、暗黒界は単に墓地アド有利って点が評価されて、それがメタの一角となった模様。



話変わって、エクストラパックの話。



天狗がデッキに戻った場合にも効果を発動する裁定だった場合、魔女バード再構築します。


海外裁定のままだったら、多分一枚も集めない。

環境考察 【ゼンマイ】

いよいよEXPの発売が間近に迫ってまいりました。



そしてやはり気になるのが、【ゼンマイ】の強化ではないかと。



《ゼンマイラビット》と《ゼンマイシャーク》が共に非常に強力な能力を持ち、更に《魔界発現世行きデス()ガイド》の参戦により、安定して展開することが可能。



特にゼンマイシャークの性能は異常。



当然ながら、環境はGまみれになることが予想される。



更に、相対的に有利となるのは【暗黒界】ではなかろうか。



海外では一時期、圧倒的な【ゼンマイ】環境になった際に【暗黒界】がそれに対する対抗策として成り立った。



暗黒界のモンスター効果自体がハンデスへの驚異的なメタとなり、何かしらのキーカードの投入によるメタではなくデッキコンセプト自体がメタとなるため、トーナメントでも安定して勝ち上がることが出来る。



もう一つ懸念される事は、当然のことではあるが"エフェクトヴェーラーの復権"だ。



水精鱗や聖刻のように、「枚数さえあれば返しのターンに解決させることが可能!」と言うデッキとは違い、ガジェやヒロビのような「召喚権やバトルフェイズの都合上、数ターンは欲しい」と言うデッキだと、いくらドローしたところで、ゼンマイによる圧倒的なフィールドを巻き返すのは辛い。



そのために、Gでのドローで様子を見ながら、とめるべきタイミングでしっかりと展開を抑えて、返しのターンに繋げたい。



また、特にGと相性がいいと言う訳ではないので兼ね合わせる必要は特になく、ガジェのようなデッキタイプであればGよりヴェーラーを優先しても問題ないだろう。



あくまでもメタカードの搭載枚数を増やすためであるため、どちらをどのぐらい採用するかは、自分のデッキとしっかり相談する事が大切だと思う。



今日、サンダー・シーホースが届く夢を見ました。起きてから切なかったです。にっちーでした。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。