プロフィール

にっちー@85

Author:にっちー@85
岐阜県の遊戯王プレイヤーですヽ(・∀・ )ノ

CSでのHNは「ニッチー」or「にっちー」
買取王国多治見店の非公認大会のHNは「85」


【遊戯王史】

~2009年~
6月:ガチ勢としてスタート

~2011年~

3月:第三回BURST杯ベスト6
4月~6月:選考会1次予選15勝0敗で国内115位
7月:清水杯チーム戦準優勝
10月:長野CSベスト16


~2012年~

1月:第二回名古屋CS3位
4月:第四回愛知CS3位

大体こんな感じです。


よろしくねっ!( `・ω・´)ノ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム《ネタデッキとファンデッキの違い》

今回はコラムネタです。



知っていようが知らなかろうが遊戯王の強弱には全く影響の無い、そんな豆知識を今後とも書き連ねて行こうと思います。



よく対戦中に発せられる「このデッキ、ネタデッキだからさぁ~」と言った発言。



実はこの発言での"ネタデッキ"という単語は、実は誤用されている場合がほとんどである。



例えばあるプレイヤーが【陵墓地縛神】を使っていて、対戦相手に対して「これネタデッキだからさぁ~、そんなガチデッキに勝てるわけないんだよねぇ~」と言うような言い訳をネチネチとしているのはあまり気分の宜しくないことですが、このカードゲームの対戦風景ではよくある事。



しかし、【陵墓地縛神】と言うのは正確にはファンデッキと言うものにカテゴライズされます。



そしてファンデッキとネタデッキは全くの対称言葉となります



ファンデッキとは、「好み」を重視して構築されたデッキの総称

勝利を追求するという点ではガチデッキとの差はなく、あくまで「好みを重視しつつも勝ちに行くデッキ」の総称である。



例に挙げた【陵墓地縛神】は「地縛神を使って勝ちたい!」→「じゃあ陵墓を入れよう!」と、このようにしっかりとしたコンセプトが存在する訳です。



例えそのコンセプトがトーナメントクラスの主流デッキに対して悲しいほどに貧弱であったとしても、勝利を目指してしっかりとしたサポートカードでデッキ構築がされている以上は全てファンデッキに含まれます。



・ではネタデッキとは何か?



「遊戯が使ってたカードだけを使いたい!」「可愛い女の子のイラストが写ってるカードだけでデッキを組みたい!」と言うように、勝利へのコンセプトが一切存在せず、構築するにあたって自分のオリジナルの縛りを採り入れたデッキである。



ネタデッキ=弱いデッキという解釈が非常によく起こっているが間違いである。
むしろ主流デッキになれないと言う意味では、弱いデッキ=ファンデッキという解釈の方が正解である。



悪い言い方で表現すれば、いわばネタデッキ=自己満足のデッキとなります。



このようにファンデッキとネタデッキは全く意味が異なり、真逆の意味での乱用が目立っている。



しかし現状ではこの誤用が半ば主流となっているため、遊戯王プレイヤーの日常会話で「ネタデッキが~」と言った発言に対してイチイチ「それネタデッキじゃなくね?ネタデッキっていうのは~」とツッコミを入れていると、「細かい奴」「面倒な奴」とレッテルを頂くことになりかねないので、ほどほどにしましょう。



だからと言って今まで誤用していた方は今後ともそのままにしておくのではなく、この記事を読んだ今日この日からなるべく正しく単語を使い分けていきましょう。
でないと、知らず知らずの内に恥をかき続ける事になってしまいます。



岐阜CSをどうしようか悩んでいるにっちーでした。
スポンサーサイト

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。